2008年09月03日

福田首相辞任

一昨日、福田首相が辞任しました。

マスコミでは、野党よろしく
一斉にバッシングがスタート。
今後、自民党への風当たりが強くなることは必至で、
次回の総選挙にも大きく影響を及ぼすでしょう。

福田首相の成果ウンヌンは、
私にはよくわかりませんが、
日本の国民とマスコミに、
首相に協力する姿勢はあまり見受けられず、
どちらかというと、
あら探しを楽しんでいるように思えます。

昨年亡くなった作曲家の阿久悠氏が、
死を目前にこんな発言をしています。

「国会が乱れている。
国会が乱れているということは、
国全体が乱れているということである。
主権者であるとされている国民は、
国会が乱れてくると、
誰もが困ったものだと議員たちを責めるが、
その議員たちを自分が選んだ反省を口にする人はいない」

総理大臣は、国民が選んだ国会議員から選ばれます。
すると、その責任は誰にあるのでしょうか?
そこを阿久悠氏は指摘しているのです。
少なくとも、あら探しを楽しむために、
私たちは国会議員を選んでいるのではありません。
posted by アピア at 11:26| Comment(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。