2008年08月25日

星野ジャパン帰国

昨日、北京オリンピックに出場していた星野ジャパンのメンバーが帰国しました。

星野監督は、「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いという五輪の難しさをしみじみと感じた」と振り返りました。

含蓄のある言葉に聞こえます。

ただ、私はこの言葉に少々違和感を感じました。

「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い」に、実力は日本のほうが上だ! というニュアンスが感じられたからです。

本当でしょうか?

少なくとも、予選を含めた9試合の試合内容からは、日本の実力は、メダルを獲得した3国(キューバ、アメリカ、韓国)より下――とまでは言わないまでも、決して上ではないような気がしました。

一方、予選敗退国との実力差は、以前よりかなり狭まったように感じました。

敗因は一つではないでしょうが、現在のプロ野球のあり方にも、問題の一端はあるのかもしれません。
posted by アピア at 07:48| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。