2008年09月08日

レーザービーム犯罪

6日に行われたサッカーW杯アジア最終予選の
日本対バーレーンで、
遠藤選手がPKをける際に
観衆からレーザー光線を
目に浴びせられたといいます。

中村俊輔選手にも同様の行為が行われたとか。

レーザー光線が目に入ると、
最悪、網膜剥離や失明に至ることもあるそうです。
「ズルイ」とか「愚劣」とか言う域を超えて、
これは犯罪ではないでしょうか。
人の肉体を傷つようとしているのですから。

軽視してはならないでしょう。


posted by アピア at 08:47| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。