2008年09月09日

朝原選手引退

陸上男子100メートルの第一人者で、
同種目の前日本記録保持者、朝原宣治選手が、
23日のセイコースーパー陸上を最後に
現役を引退することを表明しました。

日本の短距離界を
けん引し続けた功績もさることながら、
晩年の底力にすばらしさがありました。
先日の北京五輪男子400メートルリレーで、
アンカーとして銅メダル獲得に貢献。
36歳での快挙は、
後世まで語り継がれるでしょう。

100メートルの自己ベストは、
01年に出した日本歴代2位となる10秒02。
今後は、指導者として、
9秒台の選手を育成してくれることでしょう。
長い間、お疲れさまでした。
posted by アピア at 19:42| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。