2008年10月01日

個室ビデオ店火災

今朝、大阪市浪速区の個室ビデオ店で
火災が発生し、15人の方が亡くなられました。

無職の男性が放火の疑いで逮捕されました。
いわく「生きていくのが嫌になった」。
生きていくのが嫌になったのに、
亡くなったのは、自分ではなく、
15人の罪なき人たちです。

個室内で新聞紙に火をつけたらしいですが、
その後、自分は逃げたということなのでしょうか?

亡くなられた方のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

この個室ビデオ店の火災、
これは単なる放火ではありません。
大量無差別殺人です。

posted by アピア at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。